読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMEwithモンスト攻略しちゃおう

モンスト、パズドラ、シャドバ、ポケモン攻略

医者の無関心

病気は人体の一部だけでなく

他の部位も用心して確かめる必要があるのでは?

とくに医師の立場で

これを怠るのがこの世の不思議である。

? 腎臓の病気で長期入院の高齢男性患者が

  頻繁に下痢と便秘を繰り返すようになった。

  家族が医者に相談しても「痔でしょう」と一蹴するばかり。

  しかしあまりに状態が悪化する一方なので

  病院も検査したのが一年後。

  「直腸がん」と判明。

  結局手遅れで他界しました。

? 心臓病で手術後は総合病院に通院治療していた高齢男性。

  血圧がかなり高いので

  病院側も本来は脳外科受診検査も勧めるべきだと思うが

  一切その件には触れなかった。

  

  まもなく脳梗塞で倒れて同じ病院に運ばれる。

  病院側からは早期発見が大事といわれても家族は納得できない話。

? 私の兄嫁のことになるが

  彼女の足のすね部分がいつも痛むようになり

  外科を何軒も回っても原因不明。

  痛み止めでしのいでいた。

  

  ある病院ではレントゲンを撮ると患部に何か映っているが

  その正体までは突き止められない、ということ。

  そのまま一年ほど様子みていたが

  思い切って大学病院で診察したところ

  肺がんの遠隔転移と判明。

  それから間もなく義姉は末期がんにより他界してしまった。

? 私の母ですが右手の指がこわばった状態になり

  ものをつかんだり縫物がしづらくなりました。

  近所のかかりつけの外科・内科の医師に相談しても

  「そんなの俺知らねえ」を繰り返すばかり。

  足の不自由もありそのまま長く経過。

  一向に治る気配もないので

  思い余り大きな病院に相談に行ったら

  すぐに「手根管症候群」と診断され

  手術となりました。

  しかし時すでに遅く手術後も好きな編み物、手芸もできず

  生活の質が大いに下がりました。

? その母ですが92歳です。

  昨年秋から

  胃もたれ、食欲不振、激ヤセです。

  一人暮らしの母に私が月1、2度手伝いに行く度に痩せ細り

  食欲衰えるようになりました。

  病院に行くように勧めるも足の不自由ゆえ躊躇。

  

  今年の2月に定期的に通院している担当医に相談したところ

   いとも簡単に

  「年寄になるといくらでも痩せたり食欲不振はある」と回答。

  

  この先生は脳外科の名医として広く知られ発言も権威があります。

  そのためすっかり母は安心してしまいました。

  しかし母の頬骨が浮き出るほど痩せてきたため

  三月末に強引に受診させました。

  結果は末期の「スキルスがん」

  やっぱり病魔にむしばまれていたのです。

  今も闘病中です。

  それにしても月に数回会う家族からも見ても病的な人相なのに

  数カ月ぶりに顔を合わす担当医なら驚くやつれ様のはずです。

  なぜこうも軽く考えてしまうのか。

?の話だって「下痢、便秘の繰り返し」の原因が「痔」だなんて

素人でもそんな事おかしいと思いますよ。

医者の世界の不思議、不可解だらけの今日この頃です。